すそわきがってどんなもの?気になる臭いの原因と対処法

汗を分泌する汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。
エクリン汗腺からです汗は99%が水で、1%が塩分、尿素、アンモニア、ミネラルなどを含み、無色透明です。
いっぽうアポクリン汗腺は脂肪、タンパク質、糖質、鉄分、アンモニアなど、いろいろな物質を含んでいるため、細菌によって分解されたときに、わきがのような独特の臭いを発します。このアポクリン汗腺はわきのほか陰部、乳輪などにもあり、陰部からの臭いはすそわきがと呼ばれています。
わきがやすそわきがは遺伝で起こる体質的なものです。臭いの原因であるアポクリン汗腺の数も遺伝するからと言われています。
改善方法としては陰部を清潔に保つことがあげられます。トイレの際にビデを使う方法があります。とはいえ、洗いすぎは膣内の善玉菌まで洗い流すことにもなり、そうなると雑菌が繁殖しやすくなります。入浴の際は洗浄力の強すぎない低刺激な石鹸で優しく洗うようにしましょう。デリケートゾーン専用の石鹸もあります。また、通気性のいい下着をつける、生理中はこまめにナプキンを替えることなどにも気をつけましょう。
動物性たんぱく質や脂肪分の多い食べ物はアポクリン汗腺を活発にし、臭いを強くします。ビタミン豊富な緑黄色野菜や魚、海藻類、豆類などを中心とした食事を摂るようにしましょう。
気になる臭いがあるけれど、自分がすそわきがかどうかわからないという人は、セルフチェックしてみてください。黄色い汗染みがつく、パートナーに臭うと言われた、耳垢が湿っている、両親や親族にわきがの人がいる、乳首からも臭いがする、陰部の毛が濃い、これらに当てはまる項目が多いほど確率は高くなります。あくまで自己診断ですので、気になるときは専門医を受診しましょう。
すそわきがの治療方法と臭いに効く石鹸ランキング

わきが治療クリニックの選び方

クリニックの中には、全国の主要都市に分院展開をしているところもあります。患者様から見ると、こうした「大手」には信頼感を感じるかもしれませんね。
分院展開をするかどうかはクリニックの方針次第で、どちらが良いかは容易に決められません。ですが私自身は分院展開をするつもりはありません。これは私の、医師としての信念によるものです。

ワキガ・多汗症治療では、患者様一人ひとりに合わせたていねいな手術が必要です。カウンセリングに時間をかけ、安全・迅速な手術を行う。患者様とじっくり向き合い、ていねいな施術を施すことが理想の手順なのです。

ですが分院展開をしてしまうと、こうした患者様との細やかなコミュニケーションがおろそかになりがちです。何よりも私はそ
れが気がかりなのです。汗とニオイの悩みを抱えた方は、全国にいらっしゃいます。そうした方々のリクエストにお応えするためには、クリニックの全国展開も意味があるでしょう。ですが私は-人の医師として、すべての患者様と向き合っていたいと思います。-人ひとりの患者様が抱えている悩み、置かれている状況、望んでいる未来……。

それらすべてを理解し、解決策をともに探して、そのうえで納得のいく手術を行いたいのです。患者様と「向き合える距離」を保つためには、安易な分院展開はできません。

幸いこうした私の姿勢に共感してくださる方々も多く、全国から患者様がいらっしゃいます。やはり関東近県がいちばん多じのですが、中には北海道から九州、沖縄、さらに遠く海外からも患者様は訪れてくださいます。

自分の目の届く範囲内、自分が手を下せる範囲内で、より良い結果を得られるよう、ていねいな手術を追求する。それは北村クリニックを開業以来、変わることなく抱いてきた私の理想です。

満足のいく治療が受けられるかどうか。それを考えたとき、クリニックの規模はあまり問題にはなりません。それよりも、クリニックのポリシーや医師の技量、人柄などを見極め、信頼できるクリニックを選ぶべきだと思います。